スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ基礎知識 ホワイトバランス

こんばんわ。BECです。
今朝目が覚めたら神奈さんが隣で寝ていてビックリしちゃいました。
今日は出発時刻は遅く、且つ結構早めに目が覚めたのでそのまま布団を被せて一緒に寝ちゃいました (*´Д`*)
そういえば昨日は神奈さんの撮影をしていたような?
気がついたら寝ていたので撮影後の事はあまり覚えてないです・・・ (´Д`;)ヾ

さて、今までのカメラ知識はマニュアル撮影時に主に関係する設定ばかりでしたが、
今度のはオート撮影でも関係する設定となるホワイトバランスについて説明します。

今回、ホワイトバランスの説明をする上で実は私にとってはどうしても切り離せない子達がいるのですが、
その子達の紹介を先にしようかどうしようか悩んだ結果、
先にカメラ知識の記事を書く事にしました。
その子達は改めて紹介しますね。


にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村

【ホワイトバランス】
写真の出来栄えに大きく影響する設定のひとつなのが今回のホワイトバランスです。
この設定により写真の色味の調整が行えます。

設定としては「太陽光」「曇り」「電球」「蛍光灯」等、カメラにより用意されている設定数は異なると思います。
これらの設定を写真撮影環境に合わせて設定するのが基本的な使い方になります。

で、なぜこれらを正しく設定しないといけないのかなのですが、
晴れの日、曇りの日、電球や蛍光灯など、さまざまな状況で光の色が違う為なんです。
蛍光灯と電球の光を比べてみると違いが良くわかると思います。
製品によって違いはあると思いますが、蛍光灯は青っぽいような光で
電球はオレンジ色っぽいような光に見えると思います。
人間はそういう微妙な光の変化に順応して、どの様な光の下でも同じような色合いに見えるのですが、
カメラは映し出されているそのままの状態で映し出してしまうため、
正しく設定しないと色あせた写真になったり、なんか青っぽいような赤っぽいような違和感のある写真になってしまいます。
(雰囲気を出す為に敢えて適切でない設定を行う方法もありますが、適切な設定で撮るのが一般的かと)

ただ、この既存の設定のホワイトバランスでは、部屋撮りする時に戸惑う事がかなりあります。
同じ蛍光灯でも昼光色や白色、温白色で微妙に色合いが異なりますし、同じ製品であっても新品か寿命間近でも色合いが微妙に異なると思います。
そういう時はどうするか?
まあ、オートホワイトバランスでもまったく問題ないですが、
せっかくなので手動で設定してみましょう。

手動で設定といっても最終的にはカメラ側で判断しますので、特に数値等はいじる必要はありません。
必要となるのは真っ白い紙等、とにかく白い物です。
噂ではカメラ用品のグレーカードも使用できるらしいですが、まあ自分が白と思うものであればなんでもいいとおもいますよ。

私は↓のようにぬいぐるみの白い部分を使っていますw
DSC06964.jpg

カメラのホワイトバランスの設定項目の中に恐らく「カスタムセット」という様なものがあると思うので、
それを選択して用意した白いものに対してシャッターを切る。
これだけでその環境にあったホワイトバランスが設定できます。
機種によってはカスタムのホワイトバランスが複数保存が出来たり、
その取得したホワイトバランスの色合いを変えられるものもあるみたいです。
私のカメラは1つしか保存出来ず、設定後の手動調整が出来ないです (´・ω・`)

最後にホワイトバランスを調整すれば以下の様なまるで時間帯が異なる写真が取れますよ~
という様な写真をのせておきますね
この2枚の写真、両方とも同じ時間に撮影したものです。
DSC04908.jpg

DSC04907.jpg



以上となります。
文字だらけの記事になってしまい、すみませんでした^^;

にほんブログ村 コレクションブログ ドルフィードリームへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ホワイトバランスは作品のイメージ創りに影響しますからね
自分は若干赤めにふった写真がドール向きかなと思ってわざとふってます
メカ物撮る時は逆に青系にふったりと写真の色味をコントロールしてますね
フィルム時代には無い機能ですがフィルムメーカーによって色味が違ったそうです

そして、最後の写真、チルノちゃんがすごく気になる〜

No title

お疲れ様です。
ホワイトバランスは撮影時に設定する方がいいのは
わかってるのですが、
光の加減が変わるたびに設定するが面倒なので、
いつも家に帰ってからRAW現像の時に変更しています。

すくすくにはそういう用途があったのですね。

No title

ホワイトバランス........(´▽`*)触ったこと無いや.........
一眼持ち腐れ.........いやいや 夜間撮影はその恩恵を受けております
もうチョット星が綺麗に撮れれば........
後ろのチルノちゃんが 覗いている所は? 懐かしい石油ストーブ見えますねー

Re: No title

グラハムさんコメントありがとうございます。

> ホワイトバランスは作品のイメージ創りに影響しますからね
> 自分は若干赤めにふった写真がドール向きかなと思ってわざとふってます
> メカ物撮る時は逆に青系にふったりと写真の色味をコントロールしてますね
> フィルム時代には無い機能ですがフィルムメーカーによって色味が違ったそうです
ふむふむ。とにかく適性WBで、としか考えてなかったので、
あまり意識して色味をよせた事はないですね。
私もあえてWB調整を試してみようかなw
いわれてみればフィルム時代にはWB設定はなかったのですね~
なんか感慨深いものがw

> そして、最後の写真、チルノちゃんがすごく気になる〜
ただの一枚写真じゃ面白くないので、チルノ配置してみましたw

Re: No title

あずちさんコメントありがとうございます。

> お疲れ様です。
> ホワイトバランスは撮影時に設定する方がいいのは
> わかってるのですが、
> 光の加減が変わるたびに設定するが面倒なので、
> いつも家に帰ってからRAW現像の時に変更しています。
RAW撮影いいですな~w
容量がちょっと大きいみたいですが、色々後で調整出来るRAWは羨ましいです^^

> すくすくにはそういう用途があったのですね。
意外とうちのすくすくは働き者ですよ
移動中はクッションになってますw

Re: No title

かつーさんコメントありがとうございます。

> ホワイトバランス........(´▽`*)触ったこと無いや.........
> 一眼持ち腐れ.........いやいや 夜間撮影はその恩恵を受けております
> もうチョット星が綺麗に撮れれば........
オートホワイトバランスでも十分に綺麗に撮れますしね^^
この設定で結構遊べるという事がちょっとでも頭のすみに残ってくれればありがたいです^^
夜撮影は結構大変ですよね
長時間露光になるので三脚とかも必要になるし・・・・

> 後ろのチルノちゃんが 覗いている所は? 懐かしい石油ストーブ見えますねー
この建物は川口グリーンセンターにある林間学校の校舎です。
机とかも年季が入っててなかなか雰囲気がありますよ^^
プロフィール

BEC

Author:BEC
氷精の家へようこそ。
チルノをお迎えしてから1年半経過を期にブログをはじめてみました。
ドールを中心に趣味の事をあげていこうかと思っています。

楽しんでもらえれば幸いです。

カレンダー
10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
適当に・・w
リンク
当ブログはリンクフリーです。 相互リンクしたいので、リンクされましたらご連絡頂ければ幸いです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。