スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメラ基礎知識 シャッタースピードについて

いきなり始まったカメラ講座に、自分自身が一番戸惑っているBECです。こんばんわ。
まあ、途中でやめても仕方ないので続き書きますw

今度はシャッタースピードについてです。

※カメラのどういう設定値がどの様な効果があるのかをイメージ出来るように
概要を自分なりに噛み砕いて説明しています。
大きく異なっている事はないと思いますが、詳細な説明やメカニズムはカメラの参考書やサイトを見ていただければと思います。

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
シャッタースピードはカメラのシャッターボタンを押したときに
カメラ内部のシャッターが開いて再び閉まるまでの時間を示します。
値の単位は"秒"です。

この値を調整し取り込む光の量を変化させる事で明るい写真にしたり、暗い写真にしたりと写真の明るさの調整をする事が出来ます。
前回のF値とは異なり、純粋に明るさを調整する為の設定であると考えて問題はないです。

このシャッタースピードを大きくすればする程明るい写真に、小さくすればする程暗い写真になります。

イメージの仕方としては水の出ている水道の蛇口から手元のコップに水を注ぐ状況を想像してもらえればと。
この場合、シャッタースピードはコップに水を注ぐ時間となります。

例えば、手元のコップに丁度いい感じに水がたまる時間が1秒必要だとすると
・0.1秒とかものすごい短い時間しか注がない場合⇒「ちょこっとしか水がたまらない。物足りない・・・ (´・ω・`)」⇒暗い写真
・1秒前後水を注ぐ⇒「丁度この位欲しかったんだよね~ヽ(´ー`)ノ」⇒適切な明るさの写真。
・1秒以上水を注ぐ⇒「うわ、コップに水が入り切れずにあふれ出した (´Д`;)ヾ」⇒明るすぎる写真

とまあ、このようなイメージで大丈夫かと。

また手持ちで撮影する場合、シャッタースピードが大きい場合、手ぶれ写真が出来上がってしまう為、
可能な限り小さくした方がいいですよ。
カメラの構え方や本体の重さ等により異なると思いますが、個人的には大体1/20~1/30の位が手振れ写真となってしまうボーダーかと思ってます。
これよりも小さいシャッタースピードとなるようにF値を下げたり、照明を明るくしたり、ISO感度(これは別の記事で説明します)を上げて調整します。


長くなりましたがシャッタースピードをまとめると以下の通りです。
シャッタースピードを小さくする
・写真が暗くなる。

シャッタースピードを大きくする
・写真が明るくなる。
※大きすぎると手振れが発生しやすくなる。


では前回同様、百聞は一見にしかずという事で
見本写真を載せておきますね。
あと最後にシャッタースピードを大きくする事についての補足を記載してますので、
興味があれば見てもらえれば嬉しいです。

神奈「まだ撮影は続いているのか・・・ (´Д`;)」
ん、もうちょっとお願いね。

前回と同じで神奈さんです。
F3.5固定でシッタースピードのみ変えています。
↓1/20秒
DSC07189.jpg

↓1/5秒
DSC07185.jpg

↓1秒
DSC07181.jpg


シャッタースピード1秒では明るすぎてほとんど真っ白な写真になってると思います。
好みにもよると思いますが、1/5とか1/20が丁度いい明るさの写真かと思います。
また、F値とは異なりボケ具合は全然変わっていませんよね。
で、ここまで撮影して思いましたが、更に小さいシャッタースピードでも撮るべきでしたね;
暗すぎる写真の見本がない・・・ (´・ω・)
神奈「もうやらんぞ (´ー`)」


補足
シャッタースピードを大きくする場合、手振れ写真が出来てしまうので、
基本的にはできる限り小さくする方がいいのですが、
川とか滝とか動いている対象物を撮影する場合は、三脚を使用してシャッタースピードを大きくする事で
流れるような雰囲気のある写真を撮る事が出来ます。
撮影に慣れたらそのような写真にチャレンジするのもいいかもしれませんね^^

ちょっといい写真が手元になく申し訳ないです。
以下の写真は1/15秒で撮影したものですが、まだまだ速いですね;
機会があれば撮影しなおします。
DSC01401.jpg



以上です。
ここまで見ていただいてありがとうございました。

にほんブログ村 コレクションブログ ドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

わお~

BECさんがカメラ教室開いてる~w
絞り・シャッター速度・ISOは基本的なところですから押さえておきたい項目ですね
むしろ、それ以外の機能は無くても写真は面白いのですよね~

知り合いの写真屋の名言
「露出をコントロールできるとカメラは楽しくなる」

No title

カメラの基礎ありがとうございます。
わかってるつもりでも抜けてる所があったりしますので、

いつも絞りを上げたいのにこれ以上あげると
手振れがって言うようなジレンマに陥ってます。

ストロボ関係の使い方も出来ればお願いします。
次回に期待しています。

Re: No title

グラハムさんこんばんわ~^^

> わお~
>
> BECさんがカメラ教室開いてる~w
> 絞り・シャッター速度・ISOは基本的なところですから押さえておきたい項目ですね
> むしろ、それ以外の機能は無くても写真は面白いのですよね~
娘紹介も早々にこんな話題の日記書いちゃいましたw
ただ単にシャッターを切るのも楽しいですが、基本的な知識があればもっと面白くなるかな~とw
よくよく考えると基本的には絞り・シャッター速度の調整しか行わないのに色々な写真の魅せ方があると考えると、結構奥が深いですよね~

> 知り合いの写真屋の名言
> 「露出をコントロールできるとカメラは楽しくなる」
おお そんな名言が。
確かに自分の好みの露出設定が出来ると楽しくなるというのも判る気がします^^

Re: No title

あずちさんこんにちわ~^^

> カメラの基礎ありがとうございます。
> わかってるつもりでも抜けてる所があったりしますので、
私も完璧にマスターしている訳ではないので、自分の勉強の意味合いもあったりしますw

> いつも絞りを上げたいのにこれ以上あげると
> 手振れがって言うようなジレンマに陥ってます。
外撮りの場合は最悪何かしらの方法でカメラを固定する事が出来るかもしれませんが、
SR撮影スペースの場合はそうはいきませんからね;
カメラマンとカメラは常にシャッタスピードとの戦いを繰り返してる気がしてきましたw

> ストロボ関係の使い方も出来ればお願いします。
> 次回に期待しています。
ストロボ関係ですか~w
教えられる様な程使いこなせてはいませんが、ドール撮影において使う上での心構えは一応あるので、
その位ならどうにか伝えられるかな~
他の人の受け売りの情報になってしまいそうですが (;´ー`)
それ程期待せずにお待ち頂ければとw
プロフィール

BEC

Author:BEC
氷精の家へようこそ。
チルノをお迎えしてから1年半経過を期にブログをはじめてみました。
ドールを中心に趣味の事をあげていこうかと思っています。

楽しんでもらえれば幸いです。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
適当に・・w
リンク
当ブログはリンクフリーです。 相互リンクしたいので、リンクされましたらご連絡頂ければ幸いです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。